/

この記事は会員限定です

議員育成、袋小路の四半世紀

[有料会員限定]

自民党の当選3回前後の衆院議員と話すと今年の衆院選はこれまでと違うという雰囲気が伝わってくる。菅義偉首相の内閣支持率が急降下するとともに、新型コロナウイルスの影響で地元活動も思うようにいかないからだろう。

東京21区が地盤で自民党の小田原潔氏は収入減に苦しむ有権者から苦情の電話を受けるのが多くなった。2012年に初当選し17年の前回選挙は希望の党(当時)で出馬した長島昭久氏に敗れ比例で復活した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1228文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン