/

元徴用工問題で対応要求 官房長官、離任の韓国駐日大使に

加藤勝信官房長官は25日、韓国の南官杓駐日大使と首相官邸で会い、離任のあいさつを受けた。元徴用工訴訟問題など日韓間の懸案について、韓国の適切な対応を改めて求めた。南氏は来年の東京五輪・パラリンピックの成功に貢献したいと表明し、両国で協力していく方針で一致した。

韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使

日本人拉致問題を含む北朝鮮への対応に関し、日韓の緊密な連携を重ねて確認した。

韓国大統領府は11月、南氏を近く交代させ、韓日議員連盟前会長の姜昌一氏を後任に充てる人事を内定している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン