/

高齢者向けワクチン、6月中に自治体配送完了 河野氏表明

(更新)
記者会見に臨む河野規制改革相(26日午前、内閣府)

河野太郎規制改革相は26日の閣議後の記者会見で、高齢者3600万人分の新型コロナウイルスワクチンに関し、6月中に自治体への配送を完了すると表明した。米製薬大手ファイザーとの調達交渉にメドがついたと説明した。

高齢者への接種は4月12日に開始する。自治体へのワクチン供給はまず4月5日の週に5万人分、26日の週に全市町村に届くように配送するとしていたが、それ以降の見通しは示していなかった。

河野氏は「ファイザーとの交渉の結果、6月末までに高齢者全員に2回接種する分のワクチンを自治体に配送完了できるようなスケジュールで供給を受ける」と説明した。

高齢者3600万人の接種完了時期について「それぞれの自治体の計画通りに進めてほしい。私がいつまでにと言う必要はない」と語った。

政府は2021年中に1億4400万回(7200万人)分の供給を受ける契約をファイザーと結んでいるが、具体的な供給時期はあいまいだった。高齢者より先に接種を始めた医療従事者向けとあわせ、6月末までに少なくとも4000万人分超を確保する見通しだ。

医療従事者向けのワクチンの自治体への新たな供給計画も示した。3月22日の週に各都道府県に計約47万回分、その3週間後に2回目の接種分として同数を再び出荷する。ファイザーのワクチンは1人2回接種するため、約47万人分となる。

河野氏は19日の記者会見で、第1弾として3月中に117万人分を配る計画を示していた。今回の47万人分とあわせ、計164万人分となる。

厚生労働省は優先接種の対象となる医療従事者の数を当初370万人と推計していたが、100万人程度増える見通しとなった。河野氏は26日の記者会見で「4月中に少なくとも当初想定していた370万人の1回目分は届けられる見込みだ」と語った。

河野氏は3月中に欧州連合(EU)から44万瓶超のワクチンの到着を見込んでいるとも発表した。1瓶から6回採取する計算でおよそ266万回分となる。

供給量の内訳も発表した。3月1日に53万回分、8日の週に99万回分、15日の週に42万回分、22日の週に31万回分、29日の週に41万回分が到着する予定だ。EUからの輸入第1便は約40万回分、第2便は約45万回分だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン