/

21年度予算案、午後成立へ 歳出総額は106兆円

(更新)

参院予算委員会は26日、2021年度予算案の締めくくり質疑をした。質疑後に予算案を採決し、与党などの賛成多数で可決した。同日午後の参院本会議で成立する見通しだ。

締めくくり質疑には菅義偉首相と全閣僚が出席した。首相は新型コロナウイルスの感染対策について「新規感染者数が地域によっては増加している。感染再拡大に強い警戒感を持って全力で取り組む」と語った。

一般会計の歳出総額は106兆6097億円。20年度当初予算比で3.8%増え、9年連続で過去最大を更新した。

政府は1月に成立した20年度第3次補正予算を含めた「15カ月予算」として一体で編成した。3次補正予算とともに新型コロナ対策と、デジタル社会や脱炭素社会の実現といった中長期にわたる課題に対応する予算と位置づける。

予期せぬ新型コロナ対策に機動的に対応するため、使途をあらかじめ定めない予備費を5兆円積んだ。9月に設置予定のデジタル庁の予算も盛った。官民の専門人材を集めて500人規模の体制をつくる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン