/

中小再建に補助金 首相「最大限支援」 福島・宮城地震

閣議に臨む菅首相(26日午前、首相官邸)

政府は26日、首相官邸で福島・宮城両県で震度6強を観測した地震の関係閣僚会議を開き、被災地の支援策をまとめた。中小・小規模事業者の事業再開に向けた「グループ補助金」を特例として使えるようにする。住宅が壊れた世帯には最大300万円を支給する。

菅義偉首相は会議で「被災地の希望が失われないよう、政府を挙げて最大限支援する」と述べた。政府は26日の閣議で、補助金などの支援策に充てるため31億円の予備費を使うと決めた。

グループ補助金は被災した中小・小規模事業者が共同で復興事業計画を作成し、都道府県が認定すれば受け取れる。復旧費用の最大4分の3を補助する。農林水産業向けにはビニールハウスや畜舎などの再建を後押しする。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン