/

麻生氏、米中対立の深刻化で「日本が最前線」

麻生派の派閥総会であいさつする麻生副総理・財務相(25日、都内)

麻生太郎副総理・財務相は25日、米中対立を巡る日本の役割に関し「米ソ冷戦の時は欧州だったフロントラインは米中の場合はアジア、ジャパンだ」と語った。「その覚悟がなければ政治家として対応を間違える」と言及した。

麻生派の派閥総会で発言した。バイデン米大統領が対面で臨む初めての首脳会談の相手が日本となったことなどを挙げ「今までより日本の外交的な地位が格段に上がった」と評価した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン