/

首相「喉は痛いが大丈夫」 体調不良を否定

衆院予算委で水を口にする菅首相(25日)

菅義偉首相は25日の衆院予算委員会で、自身の体調に関し「喉が痛くて声が出ないだけで至って大丈夫だ」と説明した。首相は先週の代表質問から、かすれた声で答弁したり、せき込んだりする場面が目立っていた。立憲民主党の小川淳也氏の質問に答えた。

加藤勝信官房長官は25日の記者会見で「首相の体調に異常はなく、公務に支障はない」と強調した。首相官邸の医務官と相談し、必要な薬を服用していると話した。首相が新型コロナウイルスのPCR検査を受けたかを問われ「必要な検査はしている」と述べるにとどめた。

立民の枝野幸男代表は25日の党執行役員会で「首相は元気がない。当事者意識が欠けている」と問題視した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン