/

創価学会の池田名誉会長が平和提言

創価学会の池田大作名誉会長は26日、「危機の時代に価値創造の光を」と題する平和提言を発表する。日本が参加する新型コロナウイルスのワクチンを共同購入する国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」に言及する。米国やロシアなどの積極的な関与を呼びかけるべきだと主張する。

新型コロナの世界的な流行などに触れ、各国が「連帯して危機を乗り越える意識」に立つことの重要性を強調する。

22日に発効した核兵器禁止条約を巡り、日本が早期の批准をめざし、唯一の戦争被爆国として積極的に関わるべきだと訴える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン