/

この記事は会員限定です

<展望 2021>デジタル改革 規制壊す

脱押印、ネットで物件説明

[有料会員限定]

菅政権は2021年、官民手続きのオンライン化に向けて踏み出す。押印や対面規制を撤廃・縮小する法整備に取り組み、省庁や医療、民間取引での規制の壁を壊す。利用者が恩恵を実感する年になるかどうかはデジタル改革の推進力にかかっている。

「本人確認にならない認め印は全て廃止になる」。河野太郎規制改革相は20年11月中旬、民間からの申請など行政手続きの認め印を全廃すると表明した。およそ1万5000種類の手続き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4071文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン