/

安倍前首相「事実と反するものあった」 過去の答弁陳謝

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
「桜を見る会」前夜祭を巡る過去の国会答弁について説明し、謝罪する安倍前首相(25日)

安倍晋三前首相は25日午後、衆院議院運営委員会に出席した。自らの後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭を巡る過去の国会答弁に誤りがあったと説明し陳謝した。「政治資金規正法に触れるとの認識はない」などとした答弁について「結果として、事実と反するものがあった」と語った。

安倍氏は「国会に対する信頼を傷つけることとなった。政治的責任の重さを痛感している」と話した。政治資金収支報告書への不記載に関して「私の知らない中で行われていたとはいえ、道義的責任を痛感している。心よりおわび申し上げたい」と述べた。

今後の政治活動について「深い反省の上に立ち、本当の意味で国民から信頼され、議員として国家・国民に対して責任を果たせるよう全力を尽くしたい」と強調した。

立憲民主党の辻元清美氏は「議員辞職に値するのではないか」と追及した。安倍氏は「厳しいご指摘をいただいた。責任はひとえに私自身にある」と表明した。「反省の上に立ち、国民の信頼を回復するためにあらゆる努力を重ねていきたい」と議員辞職を否定した。

衆院議運委に臨む安倍前首相(25日)

共産党の宮本徹氏は前夜祭の費用補填は「有権者への利益供与にあたるのではないか」と批判した。安倍氏は「利益を供与して票を集めようとは、つゆほども思っていない」と反論した。

当時は「すでに首相になっていた。利益を供与して選挙で当選しなければならないという立場では全くない」と指摘した。「自分の選挙は全く考えないという状況にならなければ、自民党総裁にはそもそもなれない」と主張した。

自民党の丹羽秀樹氏は「もっと早く全容を把握できたのではないか」とただした。安倍氏は「それぞれの会計責任者に任せてきた。それでずっと間違いがなかった」と弁明した。「きっちりと経理上処理をしてくれていた。当然、信頼してきた」と強調した。

東京地検特捜部は24日、安倍氏の公設第1秘書だった配川博之氏を政治資金規正法違反(不記載罪)で略式起訴した。安倍氏本人は嫌疑不十分で不起訴処分とした。

安倍氏は代理人を通じて衆参両院議長に発言の機会を申し出ていた。首相当時に国会答弁で「後援会としての収入、支出はない」などと答えた経緯がある。

安倍氏は25日午後、参院議院運営委にも出席して謝罪したうえで、与野党から質疑を受ける。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン