/

ワクチン1100万回分提供、太平洋諸国などへ 外相表明

台湾北部の桃園国際空港で、航空機から運び出される新型コロナウイルスワクチンが入ったコンテナ(桃園市提供・共同)

茂木敏充外相は25日の記者会見で、日本で生産した英アストラゼネカのワクチンを太平洋の島しょ国や南西アジアなどに計1100万回分提供すると表明した。すでに日本政府がワクチンを贈った台湾とベトナムには追加でそれぞれ100万回分を届ける方針も明らかにした。

菅義偉首相は途上国に3000万回分のワクチンを用意すると打ち出している。茂木氏が発表した太平洋の島しょ国などへの供給分も3000万回分の中に含まれる。

日本政府は7月中旬以降、ワクチン確保の国際枠組み「COVAXファシリティー」を通じてワクチンを配る。7月2日に日本が主催しオンラインで開く「太平洋・島サミット」で今回のワクチン支援策を参加国に伝える。

すでに台湾へ124万回分、ベトナムに100万回分を供与している。茂木氏は「台湾はワクチンの不足が当面続く」との認識を示し、7月中旬までの再供給を目指すとも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン