/

この記事は会員限定です

東アジアで崩れる米優位 台湾有事警戒、対中新局面

安保法施行5年(上)

[有料会員限定]

安全保障関連法の施行から29日で5年を迎えた。集団的自衛権の限定行使を可能にし日米同盟を深めた。一方で中国の軍事力拡大や北朝鮮の核ミサイル開発は想定を超える速度で進む。抑止力拡大へ新しい局面に入った。

「中国の国防費は台湾の16倍まで増えた」。16日、東京・市ケ谷の防衛省で米国のオースティン国防長官と向き合った岸信夫防衛相は中台の軍事バランスの変化に触れた。台湾有事になれば地理的に近い日本への影響...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン