/

この記事は会員限定です

国家公務員の年収、事務次官は上場企業社長の半分以下

チャートで読む政治 霞が関(5)

[有料会員限定]

国家公務員と会社員は年収の水準がどれほど違うのか。全体の平均年収でみると会社員は1990年代後半から落ち込んで元の水準まで回復していない。国家公務員は緩やかな上昇基調にある。一方で幹部を比べると、事務次官の年収は東証1部上場企業の社長の半分に満たない。

折れ線グラフは国家公務員の平均年収と民間企業の男女別平均年収を比べたものだ。国家公務員は平均月収を12倍したうえで、夏冬のボーナスの平均額を足して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートで読む政治

議員や政党、選挙などのデータをもとに政治の状況を読み解きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン