/

インド型変異ウイルスの水際対策強化 施設待機10日間に

政府は25日、インドで流行する変異型の新型コロナウイルスの感染が広がる国との水際対策を強化すると発表した。インド、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、モルディブ、スリランカの6カ国は入国後6日間の施設待機を10日間に延ばす。

28日午前0時から実施する。これら6カ国から日本に渡航した人は現地からの出国前、日本への入国時、入国後3日目と6日目、10日目の計5回検査を求める。入国後、検疫所が確保した施設に滞在する。

英国、カザフスタン、チュニジア、デンマークは新たにインド型の指定国・地域と位置付ける。インドなど6カ国と異なり、英国とデンマークは従来と変わらず3日間の待機期間とする。カザフスタンとチュニジアからの入国者は新たに3日間の待機を求める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン