/

この記事は会員限定です

イスラエルのワクチン接種、軍が前面 「準有事」の対応

日本の自衛隊と差

(更新) [有料会員限定]

日本でも新型コロナウイルスのワクチン接種計画づくりが本格的に始まった。先行するイスラエルは26日時点で人口100人あたりの累計接種回数が42.3回となった。迅速な対応の背景には「準有事」と位置づけて軍が新型コロナ対策の前面に立つという日本と異なる事情がある。

日本は自衛隊の新型コロナへの対処を自治体からの要請に基づく「災害派遣」として扱い、活動は限定されている。

軍が主導するイスラエルはワクチンの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン