/

この記事は会員限定です

派閥の本能と政治家の情念

風見鶏

(更新) [有料会員限定]

「自分と同じ種の仲間を攻撃する動物はたいへん多いが、この攻撃はその種を保存するために不可欠の本能だ」。昨年来の政治の動きをみていて動物行動学者のコンラート・ローレンツの言葉(「攻撃」みすず書房)を思い出した。

代表選で褒め合う場面が目立った立憲民主党は支持率の低迷が続く。一方で自民党は久しぶりの激しい総裁選を経て派閥の動きがますます活発となった。

それもそのはず。自民党にとって半年後に迫った参院...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン