/

山田広報官が陳謝「深く反省」 接待問題、辞任は否定

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
自身の接待問題で陳謝する山田真貴子内閣広報官(25日午前、衆院予算委)

菅義偉首相の長男らによる総務省幹部への接待問題で、総務審議官時代に接待を受けた山田真貴子内閣広報官が25日午前、衆院予算委員会に出席した。「公務員の信用を損なったことを深く反省する。申し訳なかった」と陳謝した。

総務省の調査によると山田氏は2019年に首相の長男を含む放送事業会社「東北新社」の幹部と会食し、1人7万円超の費用を同社が負担した。山田氏は予算委で「心の緩みがあった。(東北新社が)利害関係者にあたるかどうかのチェックが十分でなかった」と釈明した。

加藤勝信官房長官は同日の記者会見で、山田氏が月給の10分の6にあたる70万5千円を自主返納すると明らかにした。

山田氏は予算委で東北新社との会食は「この1回、確認されているのみだ」と述べた。レストランでステーキや海鮮料理が提供されたと説明した。

会食は「放送業界全般の実情に関する話はあったかもしれないが、一般的な懇談だ」と発言した。東北新社側からの「働きかけはなかった」と言明した。

調査で判明した以外の事業者との会食は「必要に応じルールにのっとって行うことはあった」と語った。「職務を続けていくなかで、できる限り自らを改善していきたい」と辞任を否定した。

武田良太総務相は総務省の調査について、首相の長男との会食を自ら申告した職員はいなかったと言及した。自身が引責辞任をしない考えも示した。立憲民主党の黒岩宇洋、後藤祐一、今井雅人各氏の質問に答えた。

立民の安住淳国会対策委員長は同日、自民党の森山裕国対委員長と会談し、山田氏の辞任を求めた。

総務省は24日、接待を受けていた幹部ら11人を処分した。既に総務省を退職している山田氏は処分対象外のため、月給の自主返納を申し出た。首相は厳重注意し、続投させる考えだ。

山田氏は旧郵政省出身で、第2次安倍政権下の13年に女性初の首相秘書官に就任した。総務省では放送事業を所管する情報流通行政局長や総務審議官を務めた。20年9月の菅内閣発足時に内閣広報官に起用された。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン