/

「訪米後解散」発言を釈明 自民・下村氏

自民党の下村博文政調会長は24日の記者会見で、衆院解散・総選挙の時期に関する自身の発言を釈明した。「いろんな選択肢の中で最終的には解散権は菅義偉首相の専権事項だ。誤解されるのでこれ以上はコメントしない」と述べた。

下村氏は18日の講演で、4月の首相訪米後の解散や7月の都議選との同日選になる可能性に言及した。二階俊博幹事長が解散について「軽々しく言うべきではない」と不快感を示していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン