/

この記事は会員限定です

夫婦別姓、自民・賛否双方が議連 公約づくり主導狙う

[有料会員限定]

選択的夫婦別姓を巡り、自民党内で賛成派と慎重派がそれぞれの議員連盟を立ち上げて議論を始める。次期衆院選に向けた党の公約づくりを主導する狙いがある。

選択的夫婦別姓は夫婦が望めば、結婚後も双方が結婚前の姓を名乗るのを認めつつ、夫婦同姓も選べるしくみだ。

立憲民主党は推進する立場を次期衆院選の公約に盛り込む方針で、他の野党にも賛同を呼びかける。与党内でも公明党は賛成で、自民党執行部は慎重に検討を進める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン