/

旧宮家の皇籍復帰疑問視 立民・蓮舫氏

立憲民主党の蓮舫代表代行は24日の記者会見で、安定的な皇位継承策を巡り、旧宮家(旧皇族)男系男子子孫の皇籍復帰に疑問を呈した。「旧皇族が突然皇籍を取得して国民から自然な理解を得られるのか」と述べた。

2017年6月に与野党の合意で成立した天皇退位特例法に伴う国会の付帯決議で、女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」創設などについて、政府に速やかな検討を求めていたとして「立法府の意思は女性宮家だと理解している」と強調した。

共産党の穀田恵二国対委員長は会見で、皇位継承策を議論する政府の有識者会議が専門家から意見を聴取する項目に、旧皇族の皇籍復帰の是非が含まれたことについて「はっきり言って時代錯誤だ。戦前の考え方に戻るようなことは許されない」と批判。女性・女系天皇に関する聴取については「憲法の精神からして当然だ」と述べた。

日本維新の会の馬場伸幸幹事長は会見で「有識者会議であらゆる可能性について十分に時間をかけて議論してもらいたい」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン