/

安倍前首相「道義的責任を痛感」 秘書が略式起訴

(更新)

安倍晋三前首相側が主催した「桜を見る会」前夜祭を巡る問題に関して、安倍氏は24日、国会内で記者会見した。東京地検特捜部が政治資金規正法違反(不記載)罪で配川博之・公設第1秘書を略式起訴したことについて「道義的責任を痛感している。深く深く反省するとともに国民におわびする」と話した。安倍氏は嫌疑不十分で不起訴になった。

東京簡裁は24日、配川秘書に罰金100万円の略式命令を出し、同秘書は即日納付した。安倍氏によると同日付で同秘書は辞職した。安倍氏は25日に衆参両院の議院運営委員会で1時間ずつ説明する。議論は公開して議事録を残す。

24日の記者会見では「国民の政治への信頼を損なうことになった」と謝罪した。前夜祭を巡る収支を政治団体「安倍晋三後援会」が政治資金収支報告書に記載していなかった問題に関して、首相在任中は知らなかったと強調した。「事実を確認したのは捜査が始まったあと、最近だ。11月に報道され私から確認をとった」と強調した。政治資金収支報告書は訂正したと説明した。

「政治責任は極めて重いと自覚しており真摯に受け止めている」とも述べたが、議員辞職や自民党の離党は否定した。「初心にかえって研さんを重ね、責任を果たしていきたい」と語った。

安倍氏は首相当時に「後援会としての収入、支出はない」「事務所側が補填した事実もない」と説明してきた。こうした首相当時の国会答弁を訂正すると表明した。当時の答弁に関して「事務所に幾度も確認し、当時の私の認識の限りの答弁をした。結果として事実に反するものがあった」と弁明した。

今後の対応に関しては「私自身の政治活動、後援会事務所における資金の透明性を確保し、国民から一点の疑問も生じないよう責任を持って徹底していく」と訴えた。

25日には国会で説明する。こうした問題で首相経験者が答弁するのは橋本龍太郎氏が2004年に衆院政治倫理審査会で日本歯科医師連盟からの献金問題について釈明して以来となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン