/

この記事は会員限定です

孤独対策、全省庁横断の会議を 自民有志が提言へ

[有料会員限定]

自民党の有志議員でつくる勉強会は25日、新型コロナウイルス禍の長期化で深刻さを増す孤独や孤立に関する提言を政府に提出する。この問題を担当する坂本哲志少子化相を中心に全省庁横断の対策会議を設置するよう要望する。

鈴木貴子衆院議員ら党の若手議員で構成する「孤独対策勉強会」のメンバーが首相官邸で加藤勝信官房長官に提言を手渡す。坂本氏が同席する見通しだ。

提言は菅義偉首相が掲げる「自助、共助、公助、そして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン