/

中国船、尖閣領海の外に 侵入64時間で最長更新

第11管区海上保安本部(那覇)は、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に21日未明からとどまっていた中国海警局の船2隻が、23日午後8時10分ごろまでに相次いで領海外側の接続水域に出たと発表した。連続侵入は64時間となり、2012年9月の尖閣国有化以降で最長となった。

11管によると、2隻は21日午前4時10分ごろ侵入。連続侵入時間は、20年10月に記録した57時間39分を超えた。尖閣周辺での領海侵入は今年14日目。

領海外側の接続水域でも23日、別の中国船2隻の航行を確認。1隻は機関砲のようなものを搭載している。

〔共同〕

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン