/

この記事は会員限定です

政策を聞く(水素)

[有料会員限定]

自民・山際大志郎政調会長代理「基金増やし長期支援を」

温暖化ガス排出量を2050年までに実質ゼロにする目標は今の政策の延長では成し得ない。

エネルギー政策は安定供給、経済性、環境適合、安全性の4条件を原則とする。資源に乏しい日本が全ての要素を満たして目標を達成するには新技術の開発や普及が欠かせない。

筆頭格が水素だろう。水素は燃焼しても二酸化炭素(CO2)を出さない。水素を動力源とする燃料電池車(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン