/

公選法改正案を国会提出 参院自民、条文ミスを修正

自民党の関口昌一参院議員会長らは23日、2018年に改正した公職選挙法の条文ミスを修正する改正案を国会に提出した。罰則を規定する条項を巡り引用する項の番号に誤りがあった。

世耕弘成参院幹事長は同日の記者会見で「野党にも協力をいただきながら、迅速にこの状況の修正を進めていきたい」と語った。参院法制局は18年に総務省から条文の誤りを指摘されながら2年以上放置していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン