/

この記事は会員限定です

ウイグル人権問題、日本政府は対中制裁に慎重

[有料会員限定]

日本政府は中国の新疆ウイグル自治区の人権問題に伴う制裁発動に慎重な立場を取る。地理的に近い中国は最大の貿易相手国であるとともに、軍事的圧力を強めており対立は避けたい。制裁に動く米欧から協調を迫られる可能性があり、自民党で制裁を可能にする法整備を促す意見が出ている。

加藤勝信官房長官は23日の記者会見で独自制裁するかどうかを問われ、言及しなかった。同自治区の人権状況に「深刻な懸念」を表明した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン