/

一般向けワクチン接種、人口少ない自治体は4月から

河野氏が見通し

閣議後の記者会見での河野規制改革相(23日午前、内閣府)

河野太郎規制改革相は23日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンに関し、人口が少ない自治体で4月中にも一般の人向けの接種が始まるとの見通しを示した。沖縄県内の複数の自治体で4月中に開始する見込みだと述べた。

65歳以上の高齢者のワクチン接種は4月12日に始まる。一般向けはその後としていた。河野氏は「人口1000人以下の自治体や離島は高齢者を分けずに、一般の人も接種してくださいという通知を出している」と説明した。

政府は4月5日の週に高齢者向けワクチンの自治体への配送を始める。26日の週には全市区町村に1箱(195瓶)ずつ配る。1瓶から6回採取する計算で1170回分となる。人口が少ない自治体では余ったワクチンを高齢者以外に打つこともできる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン