/

首相、せき込む場面目立つ

 参院本会議でコップの水を飲む菅首相(22日午後)=共同

22日の参院本会議で、菅義偉首相が答弁中にせき込む場面が目立った。喉を痛めて話しづらい様子で、質問に1問答えるたびにコップの水を飲む時もあった。新型コロナウイルス感染防止でマスクは常に着用していたものの、答弁を中断して何度も水を口に含む姿に、議場からは「大丈夫か」とやじが相次いだ。

首相は21日の代表質問でもコップを手にする機会があったが、この日はさらに頻度が上がった。21日は「答弁が短過ぎる」として参院側から指摘を受けたが、閣僚の一人は「長時間話し続けるのが難しかったようだ」と気遣った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン