/

中国、円借款「内々に解除」打診 天安門後に日本財界人に(外交文書公開)

89年、外交文書公開で判明

 斎藤英四郎経団連会長(左)と会談する中国の李鵬首相(1989年11月、北京の人民大会堂)=共同

中国の李鵬首相が天安門事件の約5カ月後、民主化弾圧を理由に中国への第3次円借款供与を事実上凍結していた日本政府への対応策として、国際社会の目に付かないよう内々に凍結解除への話し合いを進められないかと日本の財界人に持ち掛けていた。23日公開の外交文書で分かった。欧米と共に形成する対中制裁包囲網からひそかに抜け駆けし、経済的苦境に陥っていた中国と組むよう日本側に求めた形だ。

日本の経済界からは李氏の提案を評価する声が上がった。中国は円借款供与への手応えを感じたとみられる。複数の文書からは、日本企業の利益にもつながる円借款供与に前向きな財界人らを取り込み、渋る日本政府から歩み寄りを引き出そうとした中国側の思惑がうかがえる。

李氏が水面下調整を打診したのは1989年11月。斎藤英四郎経団連会長を最高顧問とする日中経済協会訪中代表団との会談で「公表せず、作業を少しずつ始めたらどうか」と呼び掛けた。「公表すれば欧米の反応、反響が必ず出るだろう」と述べ、私案として日本からの水面下での調査団受け入れを挙げた。

中国の意図に関し、若月秀和北海学園大教授(戦後日本外交史)は「財界人を味方に引き入れ、日本政府の態度を和らげる狙いがあったと思う。自民党政権に対する経済界の影響力に着目した巧妙な政治手法で、中国は情に絡めて切り崩すのが上手だ」と分析する。

会談時、訪中団は李氏の提案に関し「進めてほしい」(出席者)と李氏に伝達。帰国後、中山太郎外相に「今動けば将来10倍、100倍得るものがあろう」と報告した。

政府は即座には賛同しなかったが、後に態度を軟化。翌90年7月の先進国首脳会議(ヒューストン・サミット)で、欧米に先駆ける形で海部俊樹首相が供与方針を表明した。同年11月、凍結解除に踏み切った。〔共同〕

▼第3次対中円借款 1988年8月、竹下登首相が訪中した際、中国の近代化支援のため供与を約束した。90~95年度の6年間が対象で、水力発電所をはじめ、鉄道、港湾など総額8100億円の供与を予定。89年6月の天安門事件を機に、西側諸国の制裁に合わせて供与を事実上凍結したが、中国側の強い要望を踏まえて90年11月、凍結を解除した。中国の開発政策に関する91年からの第8次5カ年計画ではこうした円借款が発展の原動力となり、中国側は日本の貢献を高く評価した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン