/

邦人避難、バスで105回 天安門事件で日本大使館(外交文書公開)

緊急帰国巡る89年の秘密公電

 政府の退避勧告が出ている中国から帰国した在留邦人の家族(1989年6月、成田空港)=共同

23日公開された外交文書には、1989年6月4日の天安門事件を受け、6日から3日間で約3500人の在留邦人が緊急帰国した様子を記録した秘密公電も含まれていた。北京の日本大使館が、事件翌日からの5日間でバスを105回運行させ、留学生を含む約1500人の邦人をホテルや空港に避難させていた。車体に日の丸を付けたバスもあったという。日航や全日空の臨時便も3日間で計10便が運航した。

 1989年6月5日、北京の天安門広場近くの大通りで、戦車の前に立ちはだかる男性(左下)=ロイター・共同

6月13日の公電によると、大使館員が現金やクレジットカードを持たずに避難した邦人のため、借用証を書けば航空券を入手できるよう航空会社と交渉。学校や職場に旅券を置いたままの約50人には渡航書を発給し、帰国させた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン