/

枝野氏「二転三転だ」 政府のワクチン発言批判

立憲民主党の枝野幸男代表は22日の党会合で、新型コロナウイルスのワクチン接種を巡る政府発言を重ねて批判した。「二転三転し、統一されていない。振り回される状況がさらに深刻化している」と語った。

菅義偉首相が、河野太郎規制改革相から高齢者への接種に関し、一部自治体で限定的に試行すると事前報告を受けていなかったことについて「国民や自治体は、誰の言うことを頼りにしたらいいのか(分からなくなる)」と指摘した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン