/

12月の外国人新規入国者数5万3187人 入管庁発表

出入国在留管理庁は22日、2020年4~12月の外国人入国者数の速報値を公表した。同年12月の外国人入国者数は6万9742人で、このうち新規入国者数は5万3187人だった。19年12月は新規入国者数は230万人を超えたが、新型コロナウイルスの影響で大幅に減った。

政府は昨年12月28日に水際対策を強化するため、外国人の新規入国を原則停止した。菅義偉首相は今年1月13日、これまで例外だった中国、韓国など11カ国・地域とのビジネス目的の往来も一時停止すると表明した。

入管庁によると、ビジネス目的の往来のうち出張者が対象となる短期の「ビジネストラック」を利用した昨年12月の新規入国は905人にとどまった。

企業の駐在員や技能実習生が主な対象の中長期の「レジデンストラック」の利用者は4万7291人だった。この中には11カ国・地域以外の外国人の入国者数も含まれる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン