/

この記事は会員限定です

安倍・吉川問題 野党が説明責任要求 次期国会の焦点に

[有料会員限定]

立憲民主党など野党は「政治とカネ」を巡る問題で、菅政権への追及を強める。安倍晋三前首相が東京地検特捜部の任意の事情聴取を受けたことが22日に分かった。政治資金問題を抱える自民党の吉川貴盛元農相も議員を辞職した。来年1月召集の次期通常国会で焦点となる。

二階俊博幹事長は22日の記者会見で、安倍氏の説明責任について「本人が考えているだろう。それを待ちたい」と述べた。加藤勝信官房長官は「捜査機関の活動で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン