/

新旧「菅首相」が初論戦 新型コロナの危機管理テーマに

(更新)
衆院予算委で立憲民主党の菅元首相(左端)の質問に答える菅首相(22日午前)

菅義偉首相は22日の衆院予算委員会で、東日本大震災時の首相だった立憲民主党の菅直人氏と討論した。読み方は違う新旧の「菅首相」の対決が実現した。

危機管理が議題になった。菅直人氏は首相の政権運営について「最悪のシナリオがみえない」と批判した。自身や震災時に官房長官だった立民の枝野幸男代表は原子力発電所事故で最悪を想定して政策立案をしていたと主張した。

菅直人氏は新型コロナウイルス対策の「最悪の事態」を聞いた。首相は「変異種にワクチンが効かなくなるとかいろいろなことが想定される」と答弁した。

首相は「コロナとの闘いが始まって1年。手探りの部分もあったが国民の命と暮らしを守るという強い決意のもと、最前線で取り組んできた」と強調した。

菅直人氏が与野党党首会談を呼びかけると、首相は「必要であればお願いすることはあり得ると思う」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン