/

首相「署名の考えない」 核兵器禁止条約

 参院本会議の代表質問で答弁する菅首相(22日)=共同

菅義偉首相は22日の参院本会議の代表質問で、核兵器禁止条約の発効を受けて日本政府として「条約に署名する考えはない」と改めて述べた。「多くの非核兵器国からも支持を得られていない。現実的に核軍縮を進める道筋を追求する」と強調した。

公明党の山口那津男代表に答弁した。首相は締約国会議へのオブザーバー参加などについても「慎重に見極める必要がある」と従来の見解を繰り返した。山口氏は記者団に「参加できるような環境を作っていくことに与党として努力したい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン