/

この記事は会員限定です

日米首脳、米のアジア関与強調へ 安保・経済で結束

[有料会員限定]

岸田文雄首相とバイデン米大統領は23日、初の本格的な会談に臨む。米国のアジア関与を明確にし、中国を念頭に一方的な現状変更を許さない姿勢を強調する。米国主導のインド太平洋経済枠組み(IPEF)のイベントを日本で催し、安全保障・経済両面で協力を深める。

首相は米国が23日に主催するIPEFの行事に出席し、日本として参加する意思を正式に表明する。IPEFは当初、東南アジア諸国などに慎重な意見があった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン氏来日

岸田文雄首相との日米首脳会談や日米豪印による「Quad(クアッド)」首脳会議、来日前の尹錫悦(ユン・ソンニョル)韓国大統領との会談などに関する最新のニュースと解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン