/

この記事は会員限定です

米中対立、日本の役割重く 識者に聞く

[有料会員限定]

バイデン米政権で初の米国と中国の外交トップによる直接協議が19日に終わった。安全保障や人権を巡る溝が改めて鮮明になった。日本は同盟国である米国、最大の貿易相手国である中国の双方と関係が深い。米中の摩擦は日本外交にどんな影響を与えるか、専門家に聞いた。

森聡・法政大教授「東南アジアに関与する連携を」

米国は中国との協議で、日本をはじめとする同盟国と連携して中国と対峙する姿勢をはっきり打ち出した。中国が威圧的な行動を改めない限り、デカップリング(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン