/

この記事は会員限定です

五輪の旗印、漂流映す コロナが翻弄「復興」→「団結」

 

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

開幕を迎えた東京五輪の旗印は誘致時から変容した。東日本大震災からの「復興五輪」を前面に掲げた理念は、新型コロナウイルスの克服、さらに「世界の団結」へと移った。政権が示した理念の漂流は最大の懸案であり続ける新型コロナとの苦闘を映す。

20日、都内で開いた国際オリンピック委員会(IOC)の総会。菅義偉首相は「世界が大きな困難に直面するいまだからこそ団結し、人類の努力と英知で大会を開催できると日本から世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン