/

この記事は会員限定です

政策を聞く(風力発電)

(更新) [有料会員限定]

自民・秋本真利衆院議員「裾野広く波及効果大」

2050年までのカーボンニュートラルの実現は、風力発電が成否のカギを握る。洋上風力だけで日本全体が1年間に使う電力量の3、4倍のポテンシャルがあるとされる。

経済産業省などが洋上風力を40年までに最大4500万キロワットにすると掲げたのは、世界の投資を呼び込む上で大きな意味がある。

風力発電設備1台で使う部品は1万点以上あるという。裾野が広く経済波及効...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン