/

この記事は会員限定です

与党、罰則軽減に柔軟姿勢 特措法など改正案

野党と修正協議へ 懲役削除や罰金減視野

[有料会員限定]

与野党は新型コロナウイルス対策の特別措置法などの改正案を巡り、来週から修正協議に入る。野党は入院を拒んだ感染者に懲役刑や罰金を科す感染症法改正案の規定などに反対している。与党は対策の実効性を高めるため早期の成立を目指しており、修正に柔軟に応じる姿勢で臨む。

政府は22日に改正案を閣議決定し、国会に提出した。同日、国会内で開いた与野党との連絡協議会で法案内容を説明した。法案を審議する内閣委員会の与野...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン