/

この記事は会員限定です

規制改革で目立つ越年 首相、遠隔医療の結論は半年後

[有料会員限定]

菅義偉首相が重視する規制改革で年内に結論が決まらない項目が出てきた。再生可能エネルギーや対面規制に関する議論が進まず、月末に予定していたオンライン診療恒久化の制度設計も延期となる。首相は21日、オンライン診療は2021年6月、遠隔教育は20年度中に方針を決めるよう期限を区切って求めた。

首相は21日の規制改革推進会議(議長・小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長)で「行政の縦割りを打破し、規制改革を全力で進めることは菅内閣...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1795文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン