/

社民、政党要件の死守目標

 リモートで開かれた社民党全国代表者会議に臨む福島党首=21日午後、東京都中央区

社民党は21日、全国代表者会議をリモートで開き、次期衆院選について「全国を通じた得票率2%と4議席獲得を目指す」との方針を採択した。公選法上の政党要件を満たす得票率2%の死守を目標に掲げた。昨年2月の党大会では「3%、5議席」としたが、その後の立憲民主党との部分合流により所属議員や党員が減ったため縮減した。

福島瑞穂党首はあいさつで「2%以上を必ず獲得し、国会議員を増やして元気な社民党をつくりたい。力を合わせよう」と呼び掛けた。

合流の影響に関し、服部良一幹事長は会議後の記者会見で、昨年10月以降に党員が約2200人離党したと明らかにした。新規入党もあり、現在の党員は1万人強とした。宮城、山形、福井の3県連が既に解散したと説明した。

会議では①コストダウンを含む党改革②地方組織の存続と再建③サポーター制の新設―など10項目の「当面の活動方針」も決定した。

社民の国会議員は、参院議員の福島氏と、引退表明している照屋寛徳衆院議員の2人のみ。公選法では、衆院選か参院選で得票率が2%以上なら政党要件を満たす。社民の得票率は2019年参院選で2%を超えたため、次期衆院選で届かなくても来年の参院選までは政党要件を維持できる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン