/

この記事は会員限定です

ワクチン前倒し要請へ 首相、ファイザーCEOと会談調整

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相は米製薬大手のファイザーと新型コロナウイルスワクチンの供給前倒しに向けた協議の調整に入った。同社が10月以降に予定している供給量の一部を8月に回すよう要請する。首相が23日にも都内でブーラ最高経営責任者(CEO)と会談し、直接交渉する。

一部の自治体で生じているワクチン不足を緩和し、接種の速度を維持・加速する狙いがある。

政府はファイザーから6月までに1億回分、7~9月に7000万回分、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン