/

この記事は会員限定です

「ポスト菅」対抗馬は不在 首相は河野・小泉氏を重用

自民総裁選まで半年(下)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相(自民党総裁)が9月末に任期満了を迎える党総裁選で、有力な対抗馬はみあたらない。昨年の総裁選で敗れた岸田文雄前政調会長や石破茂元幹事長は浮揚のきっかけをつかめない。各種世論調査で「ポスト菅」の上位にあがる河野太郎規制改革相と小泉進次郎環境相も、首相に重用されるほどライバルとしての色彩は薄くなる。

「宏池会(岸田派)としても非常に重要な選挙だ。絶対に落とせない」。岸田氏がこう語るのは地元で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン