/

GoTo予算、立民が組み替え動議原案 感染対策など提起

立憲民主党は20日、2020年度第3次補正予算案の組み替え動議の原案をまとめた。政府の観光支援事業「Go To トラベル」や国土強靱化推進を含む約6.1兆円を撤回。新型コロナウイルス感染防止対策や医療従事者らへの支援など計17.5兆円を新規・追加計上する内容とした。

衆院本会議で代表質問する立憲民主党の枝野代表(20日)

立民は、共産、国民民主両党などと調整し、共同提出を目指す。

原案では、トラベル事業の関連予算のほか、50年カーボンニュートラル実現に向けた基金創設や、マイナンバーカード普及促進の予算などの削除を要求した。新規・追加計上を求める中には、低所得子育て世帯への給付金を含む生活困窮者支援(3兆円)、事業・雇用支援(7.5兆円)なども盛り込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン