/

首相、ワクチン接種「一日も早い開始へ努力」

衆院本会議で立憲民主党の枝野代表の質問に答える菅首相(20日)

菅義偉首相は20日の衆院本会議での代表質問で、新型コロナウイルスのワクチン接種の準備を加速する考えを示した。2月下旬までに接種を始める方針を示し「一日も早く開始できるようあらゆる努力を尽くす」と述べた。

ワクチンについて「感染対策の決め手だ」と指摘した。安全で有効なワクチンを速やかに届けるため政府全体で連携すると強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン