/

首相、感染症法の罰則導入「与野党の意見聞く」

(更新)
衆院本会議で立憲民主党の枝野代表の質問に答える菅首相(20日)

菅義偉首相の施政方針演説など政府4演説への各党代表質問が20日、衆院本会議で始まった。首相は入院を拒否した感染者への罰則を設ける感染症法改正案に関し「与野党の意見を聞き速やかに国会に提出する」と話した。立憲民主党の枝野幸男代表は質問で懲役刑の導入に反対した。

首相は緊急事態宣言の発令が後手に回ったとの指摘に「対応が遅れたとは考えていない」と答えた。「専門家の意見を伺いながら判断した」と強調した。

枝野氏は2020年度第3次補正予算案の組み替えを提起した。観光などの需要喚起策「Go Toキャンペーン」の追加予算を削り、感染対策に振り向けるよう唱えた。首相は「十分な予算を確保している」と語り、予算組み替えの必要性を否定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン