/

首相、ワクチン接種「一日も早く」 前倒しに意欲

衆院で代表質問 

出席議員を約半分に絞って開かれた衆院本会議の代表質問(20日)

菅義偉首相の施政方針演説など政府4演説への各党代表質問が20日、衆院本会議で始まった。首相は新型コロナウイルスのワクチン接種を2月下旬までに始める方針を示した。「一日も早く開始できるようあらゆる努力を尽くす」と、前倒しにも意欲を示した。

ワクチンについて「感染対策の決め手だ」と強調した。自民党の二階俊博幹事長の質問に答えた。

立憲民主党の枝野幸男代表と逢坂誠二氏への答弁では、副作用の懸念に関して「安全性や有効性をしっかり審査する」と話した。「国民に丁寧かつわかりやすい情報提供が重要だ」と語った。

衆院本会議で代表質問する立憲民主党の枝野代表(20日)

原子力政策を問われて「原発ゼロで最適な政策を実現できるとは思わない」と強調した。一方で「原発依存度を可能な限り低減し、新増設やリプレース(建て替え)は現時点では想定しない」と述べた。

今夏に予定する東京五輪・パラリンピックを巡っては「東京都や大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)と緊密に連携し準備を進める」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン