/

空自隊員が米で墜落死 訓練中、同乗の米教官も

記者団の取材に答える岸防衛相(20日、防衛省)

岸信夫防衛相は20日、日本時間の同日朝、米南部アラバマ州で航空自衛隊の隊員が乗った練習機が墜落したと発表した。隊員と同乗した米空軍の教官がともに死亡した。防衛省内で記者団に「将来を期待する若手パイロットと米国の教官が亡くなったことは痛恨の極みだ」と話した。

死亡した隊員は20歳代の2等空尉で、2年ほど前から米国に留学し米空軍の教育課程で操縦技術などを学んでいた。T38練習機でアラバマ州モンゴメリー空港に着陸進入中に、同空港から3キロの地点に墜落した。

事故原因は米軍が調査している。空自は現地に派遣している教育連絡官を通じて情報収集する。岸氏は「できるだけ早く調査結果が判明するよう協力したい」と強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン