/

この記事は会員限定です

炭素の価格付け推進 首相、経産相・環境相に指示へ

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相は脱炭素社会の実現に向け、炭素の排出に価格をつけるカーボンプライシング(CP)の推進に乗り出す。年内に梶山弘志経済産業相と小泉進次郎環境相に制度設計の検討を指示する。排出枠取引制度や本格的な炭素税導入に向けた環境整備を急ぐ。

首相は2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標を掲げており、道筋を明確にする。炭素税など排出量に応じて負担が増える仕組みを強化し、企業に排出抑制を促す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン